クリーンフィックス

クリーンフィックス

きちんと塗れば、ずっと 4 つの効果

  1. 分解消臭
  2. 抗菌
  3. 防汚
  4. 抗ウイルス
  • 多様な環境に対応
  • スプレーで簡単塗布施工
  • 50回洗濯しても落ちない
  • 人にもペットにも安全
  • 対象物を選ばない、傷めない
抗インフルエンザウイルス力99.9%

「新・環境触媒」だからできること

「触媒」とは、それ自身は変化せず、周囲のみを変化させる物質のことです。
さて、「新・環境触媒」をご存知ですか?
これは、紫外線のみで効果を発揮する通常の「光触媒」とは違い、紫外線がなくても、消臭・抗菌・抗ウィルス・防汚効果を発揮する触媒です。
感覚消臭剤や消毒液は、「即効性」においてはクリーンフィックスよりも上かもしれません。
しかし、徐々に確実に効果を発揮し、「長期間」使用に耐えうるのはクリーンフィックス以外にはないと、複数の専門家や国内著名企業が証言しています。
確かな消臭力と抗菌・抗ウィルス・防汚効果、高い安全性。
クリーンフィックスなら、どれもあきらめる必要はなく、空気の流れさえあれば布物はもちろん、空間、対象物を問わずに力を発揮します。
つまり、多様な環境で活躍する、全く新しいタイプの触媒、
それが「新・環境触媒」クリーンフィックスです。

明暗や寒暑にかかわらず 空気の流れだけで徐々に確実に効果を発揮します

クリーンフィックスのテクノロジー

香りで覆ったり、一時的に毒を消すのではなく、あらゆる光や熱を“エサ”として働き有害物質を分解します。だから臭気が戻ったり再汚染されることはありません。
一度噴霧すれば対象物に強力に固着し、その固着部分に有害物質が次々に触れていき、どんどん分解され無害化され、長期効果を発揮します。

強力固着イメージ メカニズム
分解困難なニオイ物質にも効果を発揮
様々な菌・ウィルスに効果を発揮します
確かな安全性

クリーンフィックス1004と他社可視光応答型光触媒との性能比較

成分

使用シーンはさまざま
「ニオイ」や「菌」の問題を解決

使用例 使用例
使用方法
  • 噴霧箇所を決め

    消臭なら、床・壁・天井などの可能な限り広い面積を、抗ウイルスなら、手の触れる部分を対象として下さい。(効果は面積に比例します。)

  • 汚れを取る

    対象部分の汚れ(油、ホコリなど)を取り、しっかり乾かします。
    (水分や汚れの上から噴霧すると、一緒に取れてしまいます。)

  • すき間なく噴霧

    すき間なく、可能な限り水滴が大きくならないよう噴霧します。ガラス面は避けて下さい。
    (通常1 ㎡=約30 ㏄、繊維なら約50 ㏄ )

  • 乾かす

    乾かします。(水溶液のニオイは、乾くと無臭になります。)
    乾くと強力に固着し、理論上は永久的に効果が持続しますが、高機能維持の為定期的清掃と、しつこいニオイや除去困難な汚れを想定した定期的再噴霧をお願いします。

  • 換気する

    固着した触媒と接する部分に反応する為、適度な換気(空気の対流)が必要です。

クリーンフィックス(主原料:酸化チタン バインダー:特殊ケイ素化合物)

  • 段ボール
  • 包装資材・機器
  • 包装物流機器
  • 環境・安全・衛生
  • 計測検査機器
  • オーダーメイドカスタマイズ

ページtopへ戻る